スイフトスポーツvsヴィッツgr!安全装備を比較!

スイフトスポーツとヴィッツGR SPORT”GR”(以下ヴィッツgr)の安全装備を比較してみました!

どのメーカーの車も安全装備の性能をアピールするように
なりましたね。

同じような機能でも
メーカーによって呼称がちがうため、混乱しがちです。

そこで機能ごとに安全装備をまとめてみました。

スイフトスポーツとヴィッツgrの車線逸脱警報機能を比較!

ひとえに車線逸脱を検知すると言っても
微妙に作動条件が違います。

あくまで運転の補助機能ですが、油断していると
接触事故になりかねないので条件はしっかり把握しておきましょう。

スイフトスポーツ車線逸脱警報機能

時速60キロから100キロの間の速度で作動します。

100キロを超える速度では作動しないようです。

センサーで白線や黄線を検知し、逸脱する可能性がある場合作動するようです。

車線の幅の条件やウインカーの点滅の有無は条件にならないようです。

ヴィッツgr車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)

時速約50キロ以上で作動します。

こちらはウインカーなしで車線を逸脱する可能性がある場合に作動するようです。

作動条件としては幅が約3メートル以上の車線である必要があります。

単眼カメラが車線逸脱可能性を検知するとステアリングの制御が始まり
車線はみ出しの回避をサポートします。

スズキの車線逸脱警報機能の仕様は公式の説明が不十分なところがあります。

不必要なところで警報がなることがあるという話も聞きます。

作動条件を見る限り、車線逸脱警報機能はヴィッツgrの方が優秀ですね。

スポンサーリンク

スイフトスポーツとヴィッツgrの自動ブレーキを比較!

駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違いや
走行中の衝突を回避するための機能です。

条件によっては作動しないので、間違っても通常のブレーキ
代わりには使えません。

スイフトスポーツのデュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラとレーザーレーダーで、対人対物の衝突を抑制します。

衝突可能性がある対象が車両の場合、時速5キロから100キロの間で作動します。

対人の場合は5キロから60キロの間で作動するようです。

あくまでも衝突が回避できる可能性がある、という程度の補助機能で
警報だけでブレーキが作動しないこともあるようです。

ヴィッツgrの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)

こちらも単眼カメラとレーザーレーダーで衝突可能性を検知します。

他の車種では環境の影響を受けにくいミリ波レーダーの仕様もありますが
ヴィッツはレーザーのようです。

デュアルセンサーブレーキサポートにはない機能として
プリクラッシュブレーキサポートがあります。

衝突しそうなとき、ブレーキを踏めた場合は
ドライバーがブレーキを踏んだ力をアシストすることで
急ブレーキをより強力にできるようです。

ブレーキが踏めなかった場合は自動でブレーキが作動。

歩行者には時速10キロから80キロの範囲で作動し
車両には時速10キロから180キロの範囲で作動。

スイフトスポーツと比較してかなり広い速度範囲で
作動することになります。

プリクラッシュブレーキサポート機能もあることから
自動ブレーキ機能もヴィッツgrの方が優秀だと言えます。

スポンサーリンク

スイフトスポーツとヴィッツgrのハイビームを比較!

ハイビームなんて必要ないと言う人もいますが
やはり安全上は夜間でも明るくして走行したいと言う人も
多いですよね。

夜間は特に高速道路や山道の見通しが悪く
視界が狭くなりがち。

ハイビームで視界を広くとることが推奨されます。

しかし、対向車がいる場合、ハイビームが逆に
視界をくらませてしまいます。

それは対向車も同じで、特にコーナーでの
すれ違いの場合は接触事故にもなりかねません。

自動でヘッドライトの向きを変えてくれるハイビーム機能は
安全上必要と言えるでしょう。

スイフトスポーツのハイビームアシスト機能

対向車がある状況や街頭などがある明るい場所では
ロービーム、いない場合はハイビームに自動で切り替わります。

他に特別な仕様はないようですね。

ヴィッツgrの自動ハイビーム

ヴィッツgrの場合もスイフトスポーツの
廃ビームアシストと基本的な機能は変わりませんが
対向車や先行車に光が当たらないように
部分的に光を遮る機能があります。

アダプティブハイビームシステムというものです。

これにより反射によるまぶしさを軽減してくれます。

この機能がある故に、ヘッドライトの機能も
ヴィッツが一歩進んでいますね。

スイフトスポーツとヴィッツgrの先行車発進告知機能を比較!

スイフトスポーツでは先行車発進お知らせ機能
ヴィッツgrでは先行車発進アラームと呼ばれています。

ヴィッツgrは停車したまま先行車が約4メートル進行したらアラームが鳴ります。

スイフトスポーツは約5メートルです。

この機能で1メートルの違いは大差があるとは言えませんね。
完全に補助機能なため、どちらが優れているか優劣はつけるべきではない
機能といえるでしょう。

スイフトスポーツとヴィッツgrのふらつき検知機能を比較!

走行中のふらつきに対する警告機能です。

車線逸脱を検知する機能とよく似ていますが
ふらつきを起こしている場合はドライバーの
状態が運転に適していない場合があります。

ふらつき警告を受けたら休憩した方がいいかもしれません。

スイフトスポーツのふらつき警報機能

白線や黄線を検知し、走行の状態が
ふらつきと判断したら警告が鳴ります。

60キロから100キロの走行中でしか警告は出ないようですね。

ヴィッツgrのふらつき検知

ヴィッツの場合、ふらつきに対する警告が出ると
休憩を促すメッセージがディスプレイに表示されます。

しかし、このメッセージ自体はおせっかいだと感じる人も
いるかもしれませんね。

ふらつきに対する警告はどの程度が好ましいかは
人のよると思うので、優劣がつけにくく、同等の機能と言うべきでしょう。

また、ヴィッツのふらつき警告はそれ自体が独立した
機能ではなく、視界が悪い状態でも
車線の中央を走るようにステアリングサポートする
機能の一部として提供されています。

この機能については後でで比較しています。

スイフトスポーツとヴィッツgrの先行車追従機能を比較!

先行車との距離と、自車の車速を設定すると
その状態を保つように走行する機能です。

スイフトスポーツのアダプティブクルーズコントロール(ACC)

基本的な先行車追従機能といったかんじになっています。

先行車との距離が縮まると減速、いなくなると設定した
速度まで加速。

車間距離は長中短の3段階に設定できるみたいですね。

ヴィッツgrの追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)

基本的にスイフトスポーツと同じですが
こちらは先行車の追い越しをしやすいように
加速をアシストしてくれます。

元の車線に戻る場合も
先行車がいる場合、なめらかに減速するようにアシスト。

先行車追従機能もヴィッツgrの方が一歩進んでいるようです。

ヴィッツgrにはスイフトスポーツにはない安全装備も

スイフトスポーツにはない、トヨタ車ならではの安全機能もあります。

ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)

スイフトスポーツにはない、ヴィッツgrの安全装備です。

車線を検知し、中央を走れるようにステアリングをサポート。

視界が悪い状態でも、センサーが車線中央に寄るように
アシストします。

「レーダークルーズコントロール」と併用すれば
先行車を追従しつつ、車線の中央に寄るように連動するようです。

標識読み取りディスプレイ(ロードサインアシスト)

正直必要性はそこまでないと思いますが
道路標識を検知してディスプレイに表示する機能が
ヴィッツにはあります。

スイフトスポーツにはない、おもしろい機能ではありますね。

スイフトスポーツは安全装備ではヴィッツgrに劣る

スイフトスポーツは手頃な価格で高い走行性能を
誇るコンパクトカーです。

しかし安全装備の進歩具合は、ヴィッツgrに遠く及ばないのが
現状ですね。

他の記事でも書いていることですが
スイフトスポーツは走りを楽しむことを追求した車。

安全装備の充実を求めるならヴィッツgr、もとい
トヨタ車を選択する方がいいかもしれません。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります。

 

クルマの査定、後回しは損・損・損!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする