スイフトとスイフトスポーツの違いって何?選び方は?

スイフトスポーツ比較

スイフトの上級グレードがスイスポ?

それとも全く違う車種?

スイフトとスイフトスポーツの違いは何なのでしょうか?

興味はあるけどどっちを選んだほうがいいの?

装備から乗り心地まで見ていきたいとおもいます!

スポンサーリンク

スイフトとスイフトスポーツの立ち位置の違い

車に詳しい知人に聞いてみたところ

「スイフトスポーツはスイフトとはまた別の車種」

言っていました。

スズキの公式サイトでもスイフトとは別のページに分かれており
スイフトのグレードの一つとしては扱われていません。

初代スイフトスポーツ(HT81S)の登場は2003年で
スイフトをベースに、3ドアハッチバックでした。

見た目だけでなく、装備も本格的なスポーツ仕様を目指しており
1.5リッター自然吸気エンジンを搭載しつつ価格は税別119万円と
当時から求めやすいスポーツカーというコンセプトだったようです。

かつてスズキはスズキスポーツというグループ企業を有しており
モータースポーツへの参戦も積極的でした。

現在はなくなってしまったスズキスポーツですが
スイフトスポーツの誕生の理由にははスズキのモータースポーツへの
関心の高さもあったのでしょう。

それ以降、スイフトスポーツはスイフトとは違う路線で
進化していきます。

スイフトスポーツの進化を追ってみましょう。

初代スイフトスポーツ(HT81S)

引用元:http://ikeda-car.com

面影はあります!

しかし今とは全然違いますね!

パッと見で目立つのは3ドアという点でしょう。

現在ではなかなかお目にかかれない希少車と言えるでしょう!

2代目スイフトスポーツ(ZC31S)

引用元:https://ja.wikipedia.org

型番がZCシリーズとなり一気に新型に近い顔になりました!

ドアは5ドアになりましたが、海外では3ドアも発売されたようです。

まだハーテクトは開発されていないので重量は1㌧をこえていますね。

3代目スイフトスポーツ(ZC32S)

引用元:https://ja.wikipedia.org

今でも街中で見かけることが多いモデルです。

2代目から旋回性能の向上、10㎏の軽量化をしつつ安全性能の向上など

4代目の下地になるような改良がされています!

スポンサーリンク

スイフトとスイフトスポーツの寸法、エンジン、燃費の違い

スイフトとスイフトスポーツの装備、数値的な違いを比較してみましょう。

スイフトのは多くのグレードがあるため
より近い条件での比較をするためにスイフトrsとrstの2wdピックアップし
スイフトスポーツと比較していきます。

寸法と重量を比較

スイフトrsとrstはともに全長3840mm、全幅1695㎜、全高1500mm。

スイフトスポーツは全長3890㎜、全幅1735㎜、全高1500㎜。

スイフトスポーツの方が若干大きい数値となっています。

しかし室内寸法はスイフトもスイフトスポーツも長さ1910㎜、幅1425㎜、高さ1225㎜。

室内の広さはスイフトもスイフトスポーツも同じでした。

重量はスイフトrsのmtが870㎏、cvtが900㎏。

スイフトrstが930㎏。

スイフトスポーツはmtが970㎏、atが990㎏。

スイフトスポーツの方が重いです。

大きさや重量はエンジン、専用バンパーやスポイラーの差からくるものです。

室内の大きさが同じところからスイフトベースということを実感させられます。

エンジンと燃費を比較

【スイフトrsに搭載】デュアルジェットエンジン

K12C型水冷4サイクル直列4気筒エンジンであるデュアルジェットエンジン。

各気筒に2つインジェクターを設けているため安定した燃料の燃焼を実現。

燃焼温度を調節するEGRクーラーを採用しているため、ノッキングを抑えてくれます。

それらが燃費も改善しており、mtは22.6(km/L)、cvtは24.0(km/L)。

ちなみに使用するガソリンはレギュラーです。

【スイフトrstに搭載】ブースタージェットエンジン

K10C型水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボエンジン。

こちらはインジェクターを横一列に並べ、高圧燃料ポンプによって
シリンダーに直接噴射することで、燃費を抑えつつ
ノッキングも抑制する構造。

カタログ燃費は20,0(km/L)。

ターボということでややrsに劣る燃費ですが、最大トルクは向上しています。

【スイフトスポーツに搭載】ブースタージェットエンジンK14C型

スイフトスポーツはスイフトrstと同じブースタージェットエンジンを
搭載していますがこちらは水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボとなっています。

4気筒です。

最大トルクはスイフトrstをはるかのしのぎますが、燃費は悪化しています。

mtは16.4(km/L)、atは16.2(km/L)。

燃費を犠牲にしてトルクに振ったというところですね!

スポンサーリンク

スイフトスポーツだけの装備

スイフトにはなくてスイフトスポーツだけにある装備や
性能を見つけました!

デュアルエキゾーストパイプ

スイフトスポーツにはスイフトにはないスポーティな装備があります。

ターボエンジンは排気音が低く小さくなる性質があります。

排気系に陣取っているターボチャージャーがある程度の消音効果を
もたらしているからです。

デュアルエキゾーストパイプは排気音の低音を効かせるために
採用されています。

排気音にまで純正装備で踏み込むのはスイフトスポーツならではですね!

フロントストラット&リヤショックアブソーバー

サスペンションに至るまで、専用のチューニングを施しているようです。

スイフトスポーツの性質に合わせているので、ハンドル操作とホイールの連動感や

タイヤが路面から浮足立たないためにガタつきが少なく

よりどっしりとした走りを提供してくれます。

コーナリングも専用チューニングしたリヤサスペンションにお任せ!

フロントのサスペンションと協調して
ふくらみのないコーナリングを実現します。

サスペンションはスズキ製ではなく
歴代から社外製のパーツはモンロー製のものを採用しており
メーカーとしての信頼が確立していることを伺わせますね!

スポンサーリンク

スイフトスポーツは走りがさらに上という結論に

スイフトとスイフトスポーツの違いは、前述の装備の違いからも
明確なものとなっています。

エクステリアの違いや装備の違いを総合して導き出されるのは

走り、運転する楽しさ、全てが違う。

ということだと言えます。

特に最大トルク、排気量の違いは大きい。

パワーが違います。

スイフトrstの排気量は996㏄

一方スイフトスポーツは1371㏄

やはり400㏄の違いは大きいですね。

違い、と言えば仕方ないとはいえ、燃費はスイフトより
スイフトスポーツの方が悪いです。

多くのスポーツカーがそうであるように
走りを重視した結果、燃費は悪くなる傾向にあります。

昔に比べればずいぶんいいんですけどね…燃費。

乗り心地の違いは?

近年のコンパクトカーと比較すると乗り心地は

悪いです。

でもその乗り心地の悪さは

あえてそうしている感じ。

手抜きではなくスイフトもスイフトスポーツもあえて硬い設定のスプリングに
しています。

硬さを感じるけれど、ショックアブゾーバーが衝撃はしっかり吸収してくれます。

これは

走っている感覚を味わうための設定だと言えますね。

多少硬い方が楽しい。

とはいえ、コーナリングやブレーキングに関しての乗り心地は
スイフトスポーツの方が上手ですね。

スイフトとスイフトスポーツどっちを選ぶ?

単刀直入に言いましょう!

ドライブに出かけたり、峠を攻めたり、サーキットを走る気がないなら

スイフトです!

燃費もいいし、街乗りでもコーナリングは楽しめます。

逆に本格的に走りたい、走るためだけに出かける

そんな人はスイフトスポーツです!

そもそも気づくべきだった…。

排気音を調節するために専用マフラー(デュアルエキゾーストパイプ)を装備している時点で…。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました