スイフトスポーツをカスタム!zc33sを手軽にかっこよくする方法

目を引く存在であるスイフトスポーツ。4代目である新型zc33sのカスタム例を集めてみました。

初心者でも取付けしやすいzc33sのカスタムパーツや、プロのカスタムを展示(?)しています。

初めてカスタムしようとおもうけれど、どれから手をつけようか迷っている人の参考に
なれば幸いです。

自分なりのカスタムでかっこよさをアピールしたいですね。

スポンサーリンク

スイフトスポーツ(zc33s)を簡単に最高のカスタムにする方法

ある程度潤沢な資金があることが前提ですが、手軽に安心して
初心者でも最高レベルのカスタムをする方法があります。

引用元:http://car-me.jp

こちらのzc33sのカスタム例は株式会社トップフューエルという
一般的な車の整備から軽いカスタムからフルカスタムまで対応している会社です。

株式会社トップフューエル

こんな感じにかっこよくできますし、エクステリアのデザインの
調節ももっと自在に変えられます。

今年に入ってからはスイフトスポーツのカスタムに力をいれていて
今なら特に手厚い対応をしてくれる可能性が高いと思われます。

引用元:http://car-me.jp

エンジンのコンピュータをHi-PerROMというオリジナル仕様に書き換えることも
してくれます。

エンジン自体もカスタムすることで馬力をアップしてくれます。

エンジンのコンピュータに手を加えるというのは個人のカスタムでは
ちょっと手を出しづらいところがあると思います。

引用元:https://www.hks-power.co.jp

HKSというメーカーのスイフトスポーツ用のスピードリミッター解除装置です。

こういう速度制限を解除する装置を使えば、サーキットご用達のスイフトスポーツに早変わり。

ちなみにこれはmt車専用のようです。

販売店の点検や車検に出すときに取り外すのをわすれないようにしましょう。

話を戻しまして。

トップフューエルにはオリジナルのパーツもたくさんあるようですよ。

引用元:http://car-me.jp

こういうカスタムしたスイフトスポーツのサスペンションまわりの画像は
貴重です。

構造がよくわかって勉強になりますね。

引用元:https://www.amazon.co.jp

初めてだとパーツだけ見るとよくわかりませんものね。

サスまで手を入れる人は慣れている人も多いと思いますが一応。

zc33sに正式対応しているサスペンションはまだまだネット通販でも流通が少ないので
プロに頼むのはおすすめです。

アライメントの調整が必要になるダウンサスもプロに依頼すれば
安心です。

思わず違法改造になってしまうような事例も防げます。

アライメントについては以下の動画がわかりやすかったので
参考にしてみてください。

ブリヂストンタイヤ専門店 タイヤ館あきる野 アライメントPV編

新車の状態でもアライメントが狂っている場合があるので
調整してみるのもオススメらしいですよ。

カスタムを請け負ってくれる販売店や企業は他にもあると思います。

地元で探してみるのがオススメです。

安心して愛車を任せられるところを選んだほうがいいですね。

株式会社としてやっているところ、他企業と提携してパーツ制作をしているところは
最低限は信用できると思います。

スポンサーリンク

【スイフトスポーツカスタムzc33s】手軽にエクステリアをドレスアップ

文字どうりカスタムというよりドレスアップなのですが。

エンジンやサスペンションのカスタムは走行性能の向上を図るもの。

サーキットで走ったり、峠を責めたり、高速をかっ飛ばすためのものですよね。

車検や警察に引っ掛かることもあるでしょう。

そもそもスイフトスポーツは走行性能だけなら、トルクも操作性も
スポーツカーに引けをとりません。

そこまでしないのなら、エクステリアの見た目だけ飾るのも正解です。

純正デカールでドレスアップ


新車として納車されるときにも、ステッカーでドレスアップすることが
できます。

手軽なのでオススメですね。

サイドデカール、フードデカール、フロントフェンダーデカール、ピラーデカール。

それ以外にもホイールのアクセントやヒューエルリッドカバー(給油口)も
純正オプションでドレスアップできます。

市販ステッカーや自作ステッカーも

引用元:https://cartune.me

前を走る車のガラスやドアによく張られていますよね。

リアウインドウを囲むように派手に貼られていたり…。

ヤフオクでは自作のステッカーを出品している人もいます。

引用元:https://minkara.carview.co.jp

なかなかいい感じのお手製ステッカーですね!

ちょっとした痛仕様もあるいはおしゃれの範囲で通用すると思います!

車のロゴ外し

スズキのSマークを外して別のロゴをつけてみましょう!

こういうセットを使います。

だいたい両面テープでついているみたいです。

ピンで固定されているタイプはうまく抜くか
ねじ切らないといけないので大変です。

ドライヤーなどで、温めてから、薬剤とセットになっている
糸を接着面に食い込ませて剥がします。

剥がした後は溶剤などで残った接着剤をきれいにしないと
汚くなっていきます。

でも車のロゴって外しても大丈夫なの?っておもったりしますよね。

実際は問題ないそうです。

スイフトスポーツにホンダのロゴをつけても問題なし。

複数のメーカーのロゴをつけてもオーケー。

こんなどこの車?ってなるようなロゴでもオーケー。

引用元:https://search.rakuten.co.jp

まずはリヤドアのロゴからやってみるのがオススメです。

ドルフィンアンテナとブレードアンテナ

こちらはブレードタイプ。

車のアンテナパーツです。

ふにゃふにゃした棒状アンテナより目に付きやすく
スタイリッシュ。

手軽に特徴を出せるオススメアイテム。

ただしガソリンスタンドの洗車機で洗車するときは注意。

最近の洗車機は優秀だから大丈夫だとは思いますが…。

これもスイフトスポーツに合った製品を選ばないと対応していないことがあります。

こっちはドルフィンタイプ。

自分のスイフトスポーツに合ったスズキ純正カラーを選ぶのが基本ですが
あえて違う色を選んでアピールするのも一興ですね。

スポンサーリンク

改造車は中古車査定額が落ちるというのはケースバイケース!

そのカスタム、本当に後悔しませんか?

スイフトスポーツをカスタムするときに重要なことは
汚くならないようにすること。

安全に走れる状態であること。

そしてもう一つ。

後悔しないこと。

カスタム具合によっては、取り外しがむずかしいものもあります。

ステッカーは手を出しやすいドレスアップですが
剥がすとなると、工賃がかかったり、DIYだと汚くなるリスクがあります。

要注意です。

そして最後に考えることは、手放すときのこと。

車の寿命は大体10万キロ走ったらやってくると言われています。

通勤だけに使っても、10年そこいらで10万キロに達したりします。

どんなにカスタムしても、いつかは手放すときが来ます。

注意すべきは

中古車ディーラーによってはカスタムカーは査定額が落ちる可能性がある

ということです。

中古車ディーラーもどういう客層を相手にしているか、それぞれ違いがあります。

例えば、車なんて燃費がよくてちゃんと動けばいい、という一般層を相手にしている
ディーラーにとっては、カスタムカーは
「買い手がなかなかつかない車」
となるのです。

そういう中古車ディーラーのカスタムカーの査定額は低くなります。

逆に濃ゆい車マニアを相手にしている中古車ディーラーは
カスタムカーを高値で買い取ってくれます。

カスタムに使用されているパーツの価値や
出来具合も査定してくれます。

だから愛車を売る場合は複数の中古車ディーラーで査定してもらった方がいいです。

このサイトでも、複数の中古車ディーラーに見積を一度に依頼することができる
安心車.jpというサイトを紹介しています。

無料ですし、見積のあと断ることもできるので
愛車の価値を把握してみるのもおもしろいかもしれません。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました