ノートとスイフトを比較!価格と燃費がお得なのはどっち?

日産ノート、スズキスイフトは共にハッチバック型コンパクトカーとして有名です。

同じカテゴリーに属するため、購入候補としてよく比較されます。

スイフトはフルモデルチェンジを積極的に行い4代目。

ノートはフルモデルチェンジを控え、二代目からマイナーチェンジを繰り返し、2016年、e-power搭載車を投入。

大幅に売り上げを伸ばしました。

「コンパクトカーなんだから価格と燃費が重要だよね」

そう思う人が多いんじゃないでしょうか?

パッと見、ノートは価格が高いけど燃費がいいしe-powerってすごそう!

スイフトも燃費はまあまあだけど価格は安いかな、というのが正直な印象。

売り上げも圧倒的にノートの方がいいです。

でも、ノートにも弱点があります。

そこをきちんと知っておかないと、後で後悔することになりかねません。

そこで今回はスイフトとノートの燃費に関して調査した結果をまとめてみました!

ノートとスイフトの価格と燃費を比較!

まずはスイフトから。

若干価格もカタログ燃費もノートに劣っているように見えますが…。

グレード 価格 JC08モード燃費
HYBRID RS 1,691,280円(税込み) 27.4 km/L
RSt 1,704,240円(税込み) 20.0 km/L
RS 1,594,080円(税込み) 22.6km/L(5MT)/24.0km/L(CVT)
HYBRID SL 1,949,400円(税込み) 32.0km/L
HYBRID SG 1,668,600円(税込み) 32.0 km/L
HYBRID ML 1,625,400円(税込み) 27.4km/L
XL 1,463,400円(税込み) 22.6km/L(5mt)/24.0km/L(cvt)
XG 1,343,520円(税込み) 23.4km/L(5mt)/24.0km/L(cvt)

ノートは非常に多くのグレードがあり、選ぶのに迷います。

しかし大きく分けるとe-power、S、X、MEDALIST、NISMOの4種類に分けられます。

価格と燃費を見てみましょう。

日産ノート価格燃費表(2WD)
グレード 価格 JC08モード燃費
e-POWER S 1,901,880円(税込み) 37.2 km/L
e-POWER X 2,021,760円(税込み) 34 km/L
e-POWER X ブラックアロー 2,114,640円(税込み) 34 km/L
e-POWER MEDALIST 2,353,320円(税込み) 34 km/L
e-POWER MEDALIST ブラックアロー 2,424,600円(税込み) 34 km/L
S 1,421,280円(税込み) 23.4 km/L
X 1,523,880円(税込み) 23.4 km/L
X ブラックアロー 1,638,360円(税込み) 23.4 km/L
X DIG-S 1,766,880円(税込み) 26.2 km/L
X DIG-S ブラックアロー 1,838,160円(税込み) 26.2 km/L
MEDALIST X 1,734,480円(税込み) 23.4 km/L
EDALIST X ブラックアロー 1,805,760円(税込み) 23.4 km/L
MEDALIST 2,091,960円(税込み) 26.2 km/L
MEDALIST ブラックアロー 2,163,240円(税込み) 26.2 km/L
日産ノート価格燃費表(4WD)
グレード 価格 JC08モード燃費
e-POWER X FOUR 2,237,760円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER X FOUR ブラックアロー 2,330,640円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER MEDALIST FOUR 2,569,320円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー 2,640,600円(税込み) 28.8 km/L
X FOUR 1,739,880円(税込み) 18.2 km/L
X FOUR ブラックアロー 1,854,360円(税込み) 18.2 km/L
MEDALIST X FOUR 1,950,480円(税込み) 18.2 km/L
MEDALIST X FOUR ブラックアロー 2,021,760円(税込み) 18.2 km/L
日産ノートNISMO価格燃費表(2WD)
グレード 価格 JC08モード燃費
e-POWER NISMO 2,488,320円(税込み) – km/L
NISMO 2,122,200円(税込み) 24km/L
NISMO S 2,328,480円(税込み) – km/L

e-power、MEDALIST、NISMOは燃費が非常にいいですがその分価格が張りますね。

NISMOはオーテック扱いで持ち込み登録により個々の車両の実測値が燃費として適用されるので記載がありませんでした。

オーテック扱いとは?

ごく少数の生産がされる車種は、工場のラインでの大量生産が向いていません。

工場のラインの調節にはかなりの費用が掛かり、それなりに大量に生産、販売しないと元を取れないからです。

そのためNISMOのような少数生産の車種は日産の工場ではなくオーテックのような架装会社が組み立てます。

そういう生産がされる車種は手作業的に作られる部分も多いため個体ごとに燃費にも差が出る可能性があります。

だから完成した車は個々に陸事に持ち込まれ、そこで燃費の実測を受けることになります。

(ほんとはもっと細かいのですが、簡単に説明しました)

スポンサーリンク

ノートe-powerは燃費はいいが価格がネック

e-powerはエンジンで発電して電気で走るシリーズハイブリッド方式を採用した日産の技術です。

ノートは充電の代わりにガソリンを積んだ電気自動車と言えるでしょう。

アクセルペダルの踏み込みをやめるだけで強い減速力が働くのも特徴です。

これによりアクセルとブレーキの踏みかえを抑えることができて燃費向上に貢献しています。

さらにこの時に回生エネルギーを充電します。

回生エネルギーとは、減速するときに発生するエネルギーでe-powerだけではなく、一般的なハイブリッド車もこのエネルギーを回収して利用しています。

スイフトのハイブリッドはエンジンの燃料噴射機構を無駄なく改良し、燃費を向上させていますがモーター自体の使い方は言ってしまえば普通のハイブリッド。

なのでハイブリッド仕様はスイフトよりもノートが進んでいると言えます。

多くの人が魅力を感じ、e-powerに惹かれノートを選んでいます。

燃費だけを見て日産ノートのe-powerを選ぶ人も多いです。

しかしノートの弱点はやはり価格。

分かりやすいようにe-powerだけ抜粋して表にしました。

日産ノートe-power価格燃費表(2WD)
グレード 価格 JC08モード燃費
e-POWER S 1,901,880円(税込み) 37.2 km/L
e-POWER X 2,021,760円(税込み) 34 km/L
e-POWER X ブラックアロー 2,114,640円(税込み) 34 km/L
e-POWER MEDALIST 2,353,320円(税込み) 34 km/L
e-POWER MEDALIST ブラックアロー 2,424,600円(税込み) 34 km/L
日産ノートe-power価格燃費表(4WD)
グレード 価格 JC08モード燃費
e-POWER X FOUR 2,237,760円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER X FOUR ブラックアロー 2,330,640円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER MEDALIST FOUR 2,569,320円(税込み) 28.8 km/L
e-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー 2,640,600円(税込み) 28.8 km/L

e-power S意外は210万越え。

最高ランクは2WDでも240万です。

コンパクトカーで200万越えは高いですね。

そう感じるならSやXといったベーシックグレードを選んでもいいですが
それではノートの魅力が激減してしまう。

どうしてもスイフトハイブリッドの200万以下の価格に見劣りしてしまいます。

価格がネックの場合はスイフトの方が選択肢に入ってくるでしょう。

スポンサーリンク

日産ノートの実燃費は割と悪い!

実はノートは上記のいわゆるカタログ燃費と実際の燃費の差が大きく、燃費詐欺だと言われることが多いという欠点があります。

以下の表は、オートックワンというサイトで行われた実燃費テストの結果を表にしたものです。

かなりの長距離を標準搭載のメーターで測っているので信憑性は高いと言えます。

Dレンジ エコモード 1.2リッタースーパーチャージャー
高速道路 22.4km/L 23.8km/L 21.1km/L
郊外 20.2km/L 26.7km/L 15.8km/L
市街地 21.7km/L 25.0km/L 13.7km/L

ノートの実燃費の悪さには車重も関係しているようです。

ノートの車重は1,090から1,170kg。

日産ノートは高速では燃費が伸びないというのもよく聞く話。

理由は高速での走行はエンジンでの発電効率が悪くなるからだと言われています。

発電した電気をもりもり消費して走るのです。

次はスイフト。

こちらもオートックワンと言うサイトの計測を表にさせていただきました。

マイルドハイブリッドとターボの計測データです。

スイフト実燃費(2WD)
実燃費/グレード HYBRID RS RSt
JC08モード燃費 27.4km/L 20.0km/L
高速道路 22.6km/L 22.5km/L
市街地 17.7km/L 17.0km/L
郊外 20.3km/L 19.6km/L

スイフトの実燃費はノートほどカタログ燃費から
離れていません。

とにかく車重が軽いことが一因です。

またノートとは逆で、高速道路や郊外の走行時に高い実燃費性能を発揮します。

しかしそれでも実燃費はノートのe-powerには及ばないようです。

ノートは燃費至上主義でスイフトはそうじゃない印象

実燃費はノートのe-powerの方が絶対的にいいと言えるでしょう。

しかしe-powerは価格が高いのがつらいところ。

あとカタログ燃費と実燃費の差が大きいのも痛いです。

スイフトは価格と燃費の両立を意識している印象。

燃費をよくするために価格を犠牲にする方向にはいかないようです。

結論としては燃費のノート、価格のスイフト、といったところでしょうか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります。

 

クルマの査定、後回しは損・損・損!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする